鞄持ち手革あて 鶴見市場店

持ち手の部分が擦れてボロボロになったのでどうにかしてほしいというご相談です。

この場合持ち手を新しいものに変えてしまうか、擦れた場所だけ補強するかの選択になります。

今回は擦れている範囲が狭かった事と、できるだけリーズナブルにというお客様のご要望にお応えしまして、革あてをして補強しました。

鞄修理は店舗で作業できるものと、工場での修理になるものがありまして、それによってお預かりの期間が変わってきます。今回は店舗で作業させていただきましたので、作業期間3日、料金¥3000でした。

鞄の修理もマルチ救急24にお任せください。